美容

そもそも脱毛の種類

情報としてまとめます。

知っている方は素通りで、お願いします。

光脱毛

毛乳頭の発育を抑え、毛母細胞を刺激して脱毛を促す方法です。

複数の波長を同時に 広範囲にわたって照射します。

 

レーザー脱毛

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーといった医療用レーザーを使用した脱毛方法です。

単一の光を集中して照射する脱毛方法です。

メラニンに反応するレーザーを使うという点では光脱毛と同じですが、

熱によって毛母細胞、毛乳頭を破壊する脱毛です。

 

ニードル脱毛

毛穴の一つひとつに特殊な細い針を刺して針に微弱の電気を流し、毛乳頭を破壊する脱毛方法です。

針を刺すので痛みは光より、レーザーより一番痛いといわれます。

圧倒的にムダ毛の再生率が低く、「永久脱毛」と呼べるのはこのニードル脱毛といえます。

毛穴一つひとつ処理していくため、非常に手間がかかり時間もかかります。

 

経験上、光脱毛とニードル脱毛を経験したことはあるんですが、レーザー脱毛だけ体験したことがないです。

ニードル脱毛が一番痛いと言われてますが、まあ光脱毛より痛いのは確実です。

レーザーと比べたことがないので、確かにそう!とは私からは言えないです。

 

光脱毛の種類

IPL 脱毛(インテンス・パルス・ライト)

医療機関で使っているレーザー脱毛とほぼ同じメカニズムですがレーザーより出力が弱いもの。

皮膚の下のメラニン色素に反応して、ムダ毛の毛根にダメージを与えて脱毛します。

光の波長が幅広いため、部位によって異なる、細い毛から太い毛などさまざまなムダ毛に対応することができる。

また、1回の照射範囲が広く、広範囲のムダ毛を短時間で施術することが可能。

毛周期に合わせて施術

 

SSC 脱毛(スムース・スキン・コントロールメソッド)

クリプトンライトという光と、その機器の製造会社指定のジェルを使用しなければならない

照射する前に指定ジェルを塗るのが特徴で、このジェルを光に反応させて抑毛効果を狙 った脱毛方法。

毛根にダメージを与えるのではなく、次に生えてくるムダ毛の成長を抑制して減毛する方法。

SSC はイタリアで開発された理論に基づいた脱毛方法で、極力痛みを取り除くように設計されている。

 

RF脱毛(高周波)

メラニンの量に関係なく皮膚の3~4mmの深さに進達し、毛の周囲の組織(毛包)にも熱を伝えます。

色素の薄い毛、軟毛、うぶ毛に対する効果もみられています。

 

NPL脱毛(ニューパルスライト)

バルジ領域という、毛を生やすよう指令を出すような部分に、刺激を与えることにより、毛が再生する力を奪います。

メラニンに反応する脱毛方法とは異なるので、日焼け肌や、色黒の肌にも脱毛可能で金髪、白髪、産毛にも効果がある。

毛周期の影響をうけない

 

SHR脱毛(スーパーヘアリムーバル)

蓄熱式脱毛とも呼ばれている。

NPL脱毛と同様、バルジ領域/毛包に熱エネルギーを与え、発毛を抑制する。

NPL脱毛と仕組みは同じであるが新世代。より痛みが少なく、完了までのスピードも早い。

毛周期の影響をうけない

 

THR脱毛(サーモヒートリムーバー)

SHRと同じ蓄熱式ですが、SHR脱毛は1回の光の出力を分割した高速連射のため、

連射の光の威力がだんだん落ちていき、連射初めと後ではパワーが弱くなっていく傾向にあるそうですが、

THRは光を分割連射せず、毎回高出力の光を連射することができより確実な脱毛効果が出せるようになった。

 

現状、新しい研究で皮膚の浅いところにある“バルジ領域”が残っていると毛が再生されるとわかったためバジル領域にダメージを与えることが光脱毛においても進んできている。

 

レーザー脱毛については次で紹介







-美容

Copyright© basiblog , 2020 All Rights Reserved.