美容

レーザー脱毛での医療脱毛機と波長

レーザー脱毛で使われている医療脱毛機のレーザー種類/機械と波長を調べてみました。

755nm(メラニンに吸収されやすいため、深くまで到達しない)

→ 浅い箇所に生える、薄くて細い毛に効果的

810nm(メラニン吸収も深達も中間)

→ 日本人向けによく脱毛で使用される波長

1064nm(メラニン吸収率が低く、深くまで到達)

→ 色黒の肌や日焼け肌、深くて太い毛に効果的

医療レーザーでの波長と効果です。

 

レーザーの種類

  • ダイオードレーザー     810nm
  • YAGレーザー        1064nm
  • アレキサンドライトレーザー 755nm
  • IPLレーザー         500~1200nm

アレキサンドライトレーザー

厚生労働省から永久脱毛の効果を認定

  • ジェントルレーズ
  • ジェントルマックスプロ
  • エリート
  • エリートプラス
  • アポジーエリート
  • G-MAX

ジェントルレーズは

レジーナクリニック
湘南美容外科クリニックで使われている。

  • 痛み(中)
  • 美肌効果あり
  • 産毛や日焼け肌・色黒には向かない

 

YAGレーザー

波長の長さがナンバーワン

そのため、深い毛に効果的

  • ロングパルスYAGレーザー
  • G-MAX
  • ジェントルYAG
  • エリート
  • エリートプラス
  • ジェントルマックスプロ

G-MAXとエリートプラス、ジェントルマックスプロは上で説明した

アレキサンドライトレーザーとの複合機となっているため、

色黒・日焼けなどの肌質や毛の状態に合わせて使い分けれる機械になっている。

  • 濃い毛
  • 産毛
  • 日焼け・色黒
  • 痛み(大)
  • 美肌効果あり

 

IPLレーザー(ウルトラ美肌脱毛)

調べてみると要は光脱毛でのIPL+SHRと同じ見たいです。

しいているなら医療用マシンかサロン用マシンかだと思います。

そのため痛みは断トツで少ない様です。

 

ダイオードレーザー

毛が深くになければYGレーザーではなくこちらで十分

  • ソプラノ(蓄熱式)
  • メディオスターNeXT PRO(蓄熱式)
  • ライトシェアデュエット(ショット式)

 

  • 産毛(蓄熱式/ショット式)
  • 日焼け・色黒(蓄熱式)
  • 痛み(小)(蓄熱式)

 

まとめ

レーザーについて大まかに分類すると蓄熱式とショット式があり、

ショット式は円打ちのため蓄熱式に比べて照射がムラになりやすい。

痛みについても名前の通りショット式が痛いレーザーとなっている。

蓄熱式は主にバジル領域にアプローチするため効果実感はショット式に比べて遅いが、

白髪・金髪・産毛・剛毛等様々な毛質に対応できることや、日焼け・色黒にも基本的に対応できる(機種による)

しかし、ショット式は、元の用途として、シミ・ニキビ跡・黒ずみで使用しているレーザーもあり、脱毛と同時に美肌効果を得ることができるという副産物効果もある。

痛みに耐えられるのであれば

YAGレーザーで、効果実感も早く、産毛にも効果があり、美肌効果があるため一番いいとは思う。

 

効果実感が早く、美肌効果を求めるならアレキサンドライトレーザー

ただし産毛に効果がないため産毛の分のトーンアップは見込めない。

 

効果時間が遅くても、痛みが少なく、産毛にも効果がある脱毛を求めるならダイオードレーザー(蓄熱式)

といった感じではないでしょうか。







-美容

Copyright© basiblog , 2020 All Rights Reserved.