口内ケア 生活 美容

嘘でしょ、、、歯磨き粉についてのショックな話


歯磨き粉にこだわりってありますか?

私は、今まで全くありませんでした。

が、、、

衝撃な事実を知ってしまいました。

歯科医師 Youtuberがフッ素濃度1450ppm以外論外と言っており

フッ素配合とかは書いてあるのは見るけど

フッ素濃度?

考えたこともなかった!と

 

調べてみると

2017年からは、フッ素濃度の上限が1500ppmとなっており(2016年までは1000ppm)

商品としては、1450ppmが最高として各社足並みをそろえているそうです。

そのため海外製品では1500ppmのものがあると思います。

注意ポイント

6歳未満の場合、1000ppmまでの歯磨き粉を使う用に注意してください。6歳以下について興味ある方は調べてみてください。

 

歯科医師が選んだコスパが良い市販歯磨き粉

フッ素濃度1450ppmのため
成人の特に口内問題もない、日常ケアとしての判断でした。
価格・量・配合成分でのコスパ

3位

G・U・M WELLPLUS SUNSTAR

容量:125g

・モノフルオロリン酸ナトリウム 1450ppm(フッ素)
・塩化セチルピリジニウム(CPC)
  殺菌剤:浮遊してる菌や表にくっついた菌をやっつける作用
・グリチルリンサン酸2K(GK2)
 消炎剤:歯ぐきの炎症を抑える効果

 

2位

システマEX トータルケア LION

容量:130g

・フッ化ナトリウム(フッ素)
・ラウロイルサルコシンNa(LSS)
  殺菌剤:浮遊してる菌や表にくっついた菌をやっつける作用
・◎イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
  殺菌剤:バイオフィルムの中にいる細菌まで浸透してやっつけてくれる
・イプシロンアミノカプロン酸
  消炎剤:歯ぐきの炎症を抑える効果

 

1位

クリニカ アドバンテージ LION

容量:130g

・フッ化ナトリウム(フッ素)
・ラウロイルサルコシンNa(LSS)
  殺菌剤:
・ポリリン酸(TPP)
  歯石が付いたりするのを抑制する効果
・デキストラナーゼ(DEX)
  歯垢分解成分(酵素)
  日本で唯一歯垢を分解する成分だとも
・テトラデセンスルホン酸ナトリウム(TDS)
  洗浄剤 歯垢を分散させる

 

まとめ

日本歯磨工業会では、フッ素の配合量の合計が1000ppmを超え1500ppm以下である高濃度フッ化物配合歯磨剤の製品に記載すべき注意表示の自主基準を作成してます。こちら

要約すると「6歳未満の子供には使用を控える」ようなことが書いてあれば1000ppm以上ということになるということです。

歯磨きって毎日して、日々の積み重ねみたいなところがあるのに、

ただ歯磨きをしていただけで、歯磨き粉にこだわってこなかった今までの期間が勿体ないと思ってしまいます。

2017年から今まで3年間フッ素濃度1450ppmで磨いていたら全然今と違ったでしょう。

ショックを受けるかもしれませんが、ご家庭の歯磨き粉のフッ素濃度を調べてみてはどうでしょうか。

新しく購入するときの注意点としたいですね!

今回、歯磨き粉について調べていて「イエテボリテクニック」というものを知りました。

試してみたいと思います。







-口内ケア, , 生活, 美容

Copyright© basiblog , 2020 All Rights Reserved.