生活

コンビニコーヒーにも準備されているミルク。風の噂で体に良くないって聞くけど実際は?

コーヒーに入れるシュガースティック・ガムシロップと同じ感じでミルクってあるじゃないですか

「コーヒーミルク」とか「コーヒーフレッシュ」とかいうとわかりやすいかもしれません。

昔誰かに、ガムシロップもこのミルクも体にはよくないんだよって言われたことがあったんですが

でも置いてあんじゃん。って昔は思っていたんですよね

肌荒れを気にする様になって、飲み物からの糖をとりすぎているということに気づいてから、

糖をとらない様にしたらニキビ・吹き出物ができることが圧倒的に減り、そこからはガムシロップ・砂糖はなるべく取らないようになりました。

そこでミルクも入れていなかったのですが、

このミルクについて気になったので調べてみました。

 

「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」は何なのか?

食品分類上では、「植物性油脂食品」「植物油脂クリーミング食品」

【ミルクの様に見える油】ということですね。

「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」と聞くとガムシロップと同様の容器に入った液体というイメージがありますが、

粉末タイプもあり、creap/クリープってそうじゃない?って思っていたんですが、クリープは違いました。

粉末タイプは原材料に「植物油脂」と書いてあります。

これは、だれもがわかっていると思いますが、牛乳や生クリームの代用品として開発されました。

 

「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」の成分は?

  • 植物油脂
  • 乳製品
  • 砂糖
  • デキストリン
  • カゼイン
  • pH調整剤
  • 乳化剤(大豆由来)

主成分は植物油脂となっています。

植物油脂を水を乳化剤を加えて混ぜます。油と水は分離するため乳化剤を入れます。混ぜることで白くクリーム状にした後、着色料及び香料で色合いや香りを調整することで出来ます。

「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」と似たように見える商品でも、乳製品のものもあります。

 

 

「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」が体に悪いと言われるのはなんで?

「乳化剤」が入っていることや、「トランス脂肪酸」が入っているものも稀にあるため。

とは言ってもこれらを含んでいるものは他にもあるし、「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」が体に悪いというのをイコールにするのはよくないとは思う。

しいて言えば、コーヒーに本当に入れる必要があるのかという疑問がある。

 

そもそもコーヒーに「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」を入れる必要があるのか?

アイスでもホットでもコーヒーや紅茶を頼むとほぼ「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」・ガムシロップが付いてくると思います。

ガムシロップであれば甘さを足したいという意図がわかりますが、植物油脂の「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」を入れると何がいいのかという疑問も生まれると思います。

得られる効果は

  • カフェインの吸収スピードを遅くする効果
  • 酸味を和らげる効果
  • 苦味と酸味の両方を和らげる効果
  • 見た目/色彩(黒から茶色)によるマイルド効果
  • 牛乳と違いコーヒーが薄くならず、牛乳の風味が加わらないため、牛乳に比べて味が変わりにくい

と言われている。

 

 

結局、コーヒーに「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」を入れるかどうかは?

それは、そのコーヒーを飲むあなたが決めればいい!

ブラックが好みでなく、「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」を入れた方が好きなのであればそれでいいということです。

口に合わないコーヒーを無理して飲むことはないということです。

ですが、最初から「コーヒーミルク」「コーヒーフレッシュ」を入れて飲むより、一口目はブラックで飲んでみると入れたときとの違いに気づくかもしれません。








amazon タイムセール

人気の商品が、数量・時間限定のお買得価格で登場!

-生活

Copyright© basiblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.