未分類

配信流量/転送量などの変動費を固定費化へ

動画配信サービスのプラットフォームのほとんどが、

「動画容量」「アカウント数」「配信流量/転送量」によってプランの段階が決まっていると思います。

「動画容量」「アカウント数」は、使っていれば常にわかるものですが、

唯一「配信流量/転送量」だけは、わかりません。

「配信流量/転送量」は、ユーザーが動画をどれくらい視聴したかによって流量が変動するからです。

どのくらいという中には、「画質」「動画尺」「再生回数」などが入っています。

そのため、動画配信サービスで一番ネックになるところは「配信流量/転送量」なのです。

「配信流量/転送量」の難点

「配信流量/転送量」を確認するのは非常に面倒。

一つの動画しか配信していない事業者であれば、面倒ではないかもしれませんが、

複数の動画を配信している場合、1つの動画についての「配信流量/転送量」を出すには手間がかかります。

 

「動画容量」「アカウント数」だけであれば、安いプランでも良いはずなのに、「配信流量/転送量」がかなりあるため高いプランになってしまっているということもあります。

それだけでなく「配信流量/転送量」によって最上位プランでも足りず超過費を払っているという場合もあるかもしれません。

 

ユーザーにより良いものを提供するとなると必然と「高解像度」のものになり、それはそのまま「配信流量/転送量」に影響を与える。

 

「配信流量/転送量」を見積もることが難しい。

見積るにも余分に見積るしかないため、最終的に見積りすぎている場合が多くなる。

用途が合えば固定費化できる

「Filmuy」

動画を月額見放題などのサブスクリプションモデルやレンタル期間で販売をしている場合に有効なサービス

「FilmuyPRO」

限定公開での動画配信サービス

どちらとも紹介コードによって初期費用無料や動画容量+2GBといったメリットがあります。「bas-gL2nCp」

上記の2つのサービスが現行サービスとの仕様が合えば、

「動画容量」「会員数(アカウント数)」で月額費用が決まっているためコスト削減につながります。

まとめ

「配信流量/転送量」は見えないし、見積ることも難しいため

「配信流量/転送量」原因で計画以上の費用がかかることも多い。

しかし、「配信流量/転送量」で費用計算しないサービスを使えば

固定化でき、コスト削減につながる。








amazon タイムセール

人気の商品が、数量・時間限定のお買得価格で登場!

-未分類

Copyright© basiblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.