basiblog

基本的には、私自身が得たお得な情報や良いと感じた情報を共有できる場所としてブログを書いていきたいと思ってます。たまにそれた内容を書いているかもしれませんがそこは気にしないでください笑

Wi-Fi使ってるけどまじで無知のなので調べた

そもそもWi-Fiって無線LANと呼んでいたのに

いつの間にか当たり前にWi-Fiと呼ぶようになり、

さらにWi-Fi 〇と呼ぶようになっていた・・・

 

 

今使っているWi-Fiについて

wi-fi規格

接続しているWi-Fiのプロパティを表示してプロトコル部分にWi-Fiの種類が表示されていると思います。私が使用しているのはWi-Fi4でした。

 

2.4GHzと5GHzは何が違うのか?

2.4GHzの特徴

長所障害物に強く、電波が届きやすい。各Wi-Fi端末が対応している。

短所各Wi-Fi端末が対応している分混雑して不安定になりやすい。

5GHzの特徴

長所基本的にルーター以外で使用されないため、繋がりやすく安定している。2.4GHzに比べて高速通信が可能。

短所2.4GHzに比べて障害物に弱く、電波が弱くなる。世代が古いWi-Fi端末の場合対応していない。

 

現在主流は

Wi-Fi 4,Wi-Fi 5でWi-Fiに接続しているという場合このどちらかということ。対応するには新型のWi-Fiルーターに買い換えることで、高速通信が出来る様になる。

Wi-Fi 6はすでに実用化が進んでおり、今まさに普及の途上にある。

 

Wi-Fi 6の何がいいのか

それは、通信速度が速くなること。

Wi-Fi 6規格上の最大通信速度は9.6Gbpsとされている。

これは「ビット」を「バイト」に換算すると、1秒で約1GBのデータが送れるということになる。

Wi-Fi 5規格では1秒で約0.7GBですが、早さに慣れてくるとやはりWi-Fi 5では満足いかず、Wi-Fi 6にしたいという思いも出てくると思います

 

Wi-Fi 5の弱点を克服

現在主流となっているWi-Fi 5では、5.0GHz帯だけを使って通信を行っているため、上で説明した通り、居宅の環境によっては通信が安定せず、Wi-Fi 4(2.4GHz帯と5.0GHz帯)を使い分けなければならない場合があった。

Wi-Fi 6では2.4GHz帯と5.0GHz帯の両方を使えるため、この問題は解決する。

どちらか片方の帯域しか使えない状態では速度は遅くなるが、通信そのものが途絶することはなくなる。

 

複数人が同時使用の場合

家族で同時にWi-Fiを使っている時 Wi-Fi 6では、パケットのやり取りの仕方が格段に賢くなっている。

「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という通信方法を採用しており、送受信される情報を“みじん切り”にすることで、周波数帯をより有効に利用できるようになった。

これが効果を発揮するのは、複数の機器を同一のWi-Fiネットワークに接続している場合。

家族全員が同時にWi-Fiを使っているせいで、通信が遅くなるといったような問題は、Wi-Fi 6対応ルータの導入によって改善するかもしれない。

 

Wi-Fi 6はバッテリーにも優しい

Wi-Fi 6では「ターゲットウェイクタイム」という機能も実現している。

Wi-Fiネットワークに接続しているスマートフォンやタブレットは通常、操作していないときでも、ルータとの間で絶え間なく通信を行っている。大半の人が知っていると思う。

ターゲットウェイクタイムはこれを最小限にしてくれる。

そのため、外出中の飲食店などに設置されている公衆Wi-FiがWi-Fi 6化したときにのこの恩恵は大きくなる。端末のWi-Fiをわざわざオフにする機会がなくなるかもしれない。

 

Wi-Fi 6に対応している端末とは?

ルーターをWi-Fi 6にしたからといって受け手端末が対応していなければ意味がない。

iPhoneは、iPhone 11から対応しており、Android対応機種が出てきているため、今後徐々に増えていくと考えられる。

ノートパソコンでも、ハイエンドモデルを中心に対応製品が出始めている。

※ただしMacBookシリーズについては、2019年発売の最新モデルであっても未対応となっている。

 

iPhone 11など対応端末がすでに手元にある人はWi-Fiルーターを買い替えてみてもいいかもしれない。

 

Wi-Fiは通信の仕方を定めた規格でしかないので、Wi-Fi 6対応ルーターにも、電波の届きやすいモデル(一戸建て向け)と、そうでないモデル(単身者向け)が存在する。これは、居宅の間取りに合った製品を選ぶべきだろう。

また、プロバイダの通信回線の実効速度が改善されない限り、目に見えて快適にはならないというケースもある。

 

5Gと同じような感じで今後主流になっていくことは間違いないと思う。

 

エレコムでまとめてみました

無線LAN親機 (Wi-Fi/無線LANルーター) | 無線LAN親機 (Wi-Fi/無線LANルーター) エレコム株式会社 ELECOM

f:id:h-bsk:20200301183856p:plain