ワキガ 体臭 清潔

【使ったからおすすめ出来る】制汗剤やデオドラントに変わる日常的に使えるもの

「制汗剤」や「デオドラント」を使ってますか?

オールシーズン使う人から、夏の汗が気になる季節になると使い始めるという人がいると思います。

私が、「制汗剤」「デオドラント」を使わなくなった理由とその代わりに使ったものを紹介します。

 

「制汗剤」と「デオドラント」の違いとは?

「制汗剤」・・・・汗を抑えるもの

「デオドラント」・体臭や汗のにおいを防ぐことや、それらの臭いを取り除いたりするもの

 

なぜ「制汗剤」「デオドラント」を使わなくなったのか

スプレー・ロールオン・スティック・クリームなどどんな形であろうと使わない方がいいと思いました。

個人的な見解ですが下記のことが要因です。
一言でいうと「身体(肌)によくない!」と思ったからです。

  • 汗が出る腺を汗が出ないようにふさぐことがよくない
  • つけた最初はサラサラですが、汗がでてきたときに結局そのサラサラだったパウダーも汗に混ざるためで黒Tなどを着たときに洋服が汚れる
  • スプレー缶タイプでは、ガス抜きが必要。ということは、制汗剤だけでなく、そのガスも使うときに吸ってるし、脇など皮膚が弱い部分に当てるのはどうなのか
  • ロールオン・スティックって接触部分が衛生的じゃない
  • 結局汗の量には勝てない
  • 友人の制汗剤の匂いと汗の混じった匂いが臭かった
  • 防腐剤が入っている
  • エタノール・アルコールによって、肌が荒れる・かぶれる・痒くなる

以上の事から、使うのを止めました。

 

現在の「制汗剤」「デオドラント」の消臭成分は、『クロルヒドロキシアルミニウム』のようです。

金属塩の一種である『塩化アルミニウム』を電解して得られるもので、
制汗メカニズムは、汗腺に、アルミニウムを含む水酸化物のゲルが形成され、汗腺が物理的に閉塞することによって発汗の減少が起こるというもの。また、汗腺付近のタンパク質を凝固・収縮させることによる毛穴を引き締める作用によって消臭する。

 

私がおすすめする代用品

デオクリスタル

「制汗剤」「デオドラント」を体臭予防として使っている方におすすめします。

「デオクリスタル」は商品名ですが、

成分は、天然アルム石【アルムK/ミョウバン】(硫酸アルミニウムカリウム、乾燥硫酸アルミニウムカリウム)
色素・香料・防腐剤不使用・アルコールフリー

アルム石は、火山地帯で採掘されるミョウバンを結晶にしたもので、1910年代以前より使用されている最も使用歴の長い制汗剤のひとつです。

 

消臭について

アルムK(ミョウバン)は弱酸性であり、
アルカリ(汗)との中和反応によってアルカリ性臭気物質をもとの分子骨格とは異なる無臭物質。あるいは、より臭気レベルの低い物質に変化させることから、アンモニアなどアルカリ性臭気に対して消臭効果を発揮することが知られている。

汗腺付近のタンパク質を凝固・収縮させることによる毛穴を引き締める作用によっても消臭する。

 

デオクリスタル ヴェルダンスティック+ミニディスク(115g+15g)

 

使い方

表面を少し水に濡らしてわきの下に塗るだけ

やった感じは、何かがワキに付いているという感じが無いため実感がわきにくいかもしれませんが、普段の生活でシャワーを浴びて睡眠をとって朝起きたときのワキは寝汗により多少臭いがすると思います。そこで、シャワーを浴びた後にこれを使うとなんということでしょう笑

使うタイミングとしてシャワー後が一番使いやすいタイミングだと思います。わきの下が一番清潔なタイミングです。

 

メリットとデメリット

メリット

  • 制汗、消臭効果
  • コスパが良い
  • 効果の持続時間が長い
  • 無香料/無色/防腐剤不使用/アルコールフリー
  • ある程度のワキガの人にも効果あり

デメリット

  • 濡らして使うのが面倒
  • 結晶のため割れたりする
  • 効果があらわれない人も稀にいる
    (amazonレビューで星5つ中の4.3です)
  • 持ち運びには適さない
    (一応ミニディスクという小さいのもありますが、コスパの観点から大きいスティックを買ったというのもあるかもしれません)

デオクリスタル ヴェルダンスティック+ミニディスク(115g+15g)

 

類似商品(たぶん全部60gで約1,000円くらい)

 

 

 

 

大きいのを買って効果が無かったらと心配かもしれませんが、

旅行や出先で使いたい人は、デオクリスタル15gを含むセットで買った方がいいと思います。

今までの「制汗剤」「デオドラント」の占領場所に比べたらサイズは大したことないです。

旅行なら60gでもいいですがコンプレックスとかで使っていた場合に60gは目立つかもしれません。15gならサイズも4分の1です。

また、出先で60gだとさすがに大きいのと重いと思います。

 

まとめ

   

若いうちは「制汗剤」「デオドラント」でもいいのかもしれませんが、社会人になると頻繁にこれらのものを使っている時間は無いと思います。

それでも、エチケットとして体臭・ワキガ等が気になる方は、こちらを使ってみることをおすすめします。

頻繁に使うものは、身体に悪いもの・肌の負担になるようなものではないものの方が良いと私は考えております。

無色・無香料のため、白地のものに色移りもないですし、洗剤や香水等の匂いと混じって変な臭いを発生させるようなことはありません。

効果には個人差があるため、誰にでも効果があてはまるようなものではないですが、気になった方は試してみてください。

 







-ワキガ, 体臭, 清潔

Copyright© basiblog , 2021 All Rights Reserved.