XYM

Symbol(XYM)をもらえるのかどうか知りたい!スナップショットはいつだったのか?

今回、日本取引所では一番最初のsymbolの順次付与を開始したZaifですが、

そもそも、なんで付与されるのというのがわからない人のために

権利があったのか、あるのかを説明します。

もらえる人はどんな人なのか?

スナップショット完了時にnemを保有していれば、NEM(XEM)1に対してsymbol(XYM)1が配布されます。

NEM(XEM)のブロック高が#3105500に到達した2021年3月12日(金)13時25分頃迄に、

口座にてXEMを保有されていた場合、スナップショットの取得を完了してます。

そのあたりでの保持数分のsymbolがもらえます。

今はZaifのみですが、他の取引所でも付与予定があるかもしれませんので、

自分の取引履歴を確認してみてください。

NEMを取り扱っている取引所

ネムは、Coincheck/コインチェックDMM BitcoinZaifGMOコインbitFlyer/ビットフライヤーで購入することが可能です。

各社、Symbolへの対応について

Coincheck/コインチェック

対応についてはこちら

付与時期(予定) 2021年度中(2022年3月まで)

付与対象者(予定)
スナップショット時点(2021年3月12日 13:26)でCoincheckのアカウントにNEMを保有していた方のうち、付与時点で通常通りご利用いただけるお客様

 

bitbank

お知らせはこちら

取引開始済み

 

DMM Bitcoin

お知らせはこちら

 

Zaif

取引開始済み、スナップショット配布済み

 

GMOコイン

対応についてはこちら

取り扱いを開始 2021年10月20日(水) より
■付与予定日   2021年10月20日(水)

FAQはこちら

 

bitFlyer/ビットフライヤー

 

 

XYM取引高ではBitBankが1位

確認はここから

取引高で日本の取引所が1位、2位なのは微妙だと思ってしまう、、、

世界で流動性がないと価格が上がりにくい気がします。

XYMについて

総供給量は、約90億XYM(8,999,999,999 XYM)

約90億XYMのうちすべてが流動しているわけではない。

(全体の8割)が板取引での流動、オプトインでの個人取得、取引所によるオプトインでの取引所保持

(全体の2割)ハーベスト時のインフレ報酬として100年かけて消費される

 








amazon タイムセール

人気の商品が、数量・時間限定のお買得価格で登場!

-XYM

Copyright© basiblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.