未分類

YouTubeの「限定公開」は安全なのか?

誰もが動画をアップロードできるプラットフォームとして一番最初に思いつくのは「YouTube」だと思います。

Googleアカウントさえあれば無料で使えるプラットフォームだからですよね!

「YouTube」にアップロードした動画について説明していきます。

 

動画の「プライバシー設定」について

YouTubeにアップロードした動画はすべて公開されるということではなく以下の3つの公開方法を選択することができます。

「公開」:すべてのユーザーが視聴できる

「非公開」:動画の投稿者が指定したユーザーのみ視聴できる

「限定公開」:動画URLを知っている人のみ視聴できる

「限定公開」と「非公開」の違い

じゃっかん意味合いが似ている様にも見えますが違います。

「非公開」設定された動画は、

指定したGoogleアカウントを持っていないと視聴できるようにできない。

また、メールアドレスで共有できるユーザーに権限を付与するため

「限定公開」より制限が厳しくなっている。

Googleアカウントの保有とアドレスの共有

「限定公開」設定された動画は、

動画URLを共有することで共有できるため「非公開」より制限が易しい。
また、Googleアカウントを持っていなくてよい

何も共有しなくて良い

URLで共有できてしまうため簡単に拡散できるため、管理は難しく、不特定多数の人が視聴できるようになっている可能性もある。

「非公開」「限定公開」ともに共通する点は

検索の結果や関連動画に表示されない。

「限定公開」は安全なのか?

動画URLを知っている人のみが視聴できる設定のため

どういった動画を「限定公開」にするかによってリスクが異なります。

例えば、有料会員にしか見せたくない動画コンテンツを「限定公開」にして運用していて大丈夫でしょうか。

有料会員の中の人がその動画URLを別の人に教えていたりした場合にそれを知るすべもないですし、

せっかく有料会員用のコンテンツとして作成したのに会員外に流れていては損失です。

 

また、「限定公開」する相手によっても違うでしょう。

家族内での「限定公開」と第三者へ「限定公開」では、家族内での方が圧倒的に安全でしょう。

まとめ

動画コンテンツをサブスクリプションモデルで会員に提供する場合

価値あるコンテンツなのであればYouTubeの「限定公開」ではなく、

ユーザー管理可能なプラットフォームを使った方が良い。

逆に、YouTubeの「限定公開」で運用しているということは

そこまで動画に価値が無いのかもしれない、もしくはユーザーが退会した後のことを考えていないのかもしれません。

「限定公開」のURLをすべて保存し退会された場合に、URLを知っているため退会済みであっても視聴し続けることが可能ということですからね。







-未分類

Copyright© basiblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.