生活

近視がNOメスで治る可能性

窪田製薬ホールディングス株式会社の100%子会社

クボタビジョン・インクが、

人を対象に、眼に光を用いた刺激を与えたこと結果、

角膜から網膜の長さ「眼軸長」が短くなったという結果が得られたそうです。

近視の原因の一つである眼軸の伸長を治せる可能性があるため

近視治療用ウエアラブルデバイス「クボタメガネ」として

めがね型(写真)やコンタクトレンズ型に応用し、

治療機器として実用化への開発を加速させるとのことを発表しました。

 

近視は、2050年には世界の約半数が陥ると予想される疾患のようです。

要因はスマホとかですかね?

 

今回の被験者は21歳~32歳の12名、

読む感じでですと全員に効果があったように読み取れます。

本件の詳細なデータは論文にて発表予定だそうです。

 

今後は、実用化を目指し2020年後半に実証実験を終え、

2020年にプロトタイプを完成させることを目標にしているようです。

気になります!

公表はこちらです。







-生活

Copyright© basiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.