美容

シリコンについて

 

よく「シリコン」が良くないので「ノンシリコン」の方が良いと聞きます。何が良くないのでしょうか。

 

 シリコンとは「合成樹脂」

髪の毛1本1本を樹脂コーティングすることで、指取りの良いツヤのある髪にしてくれます。また、コーティングによりコシが強くなりボリュームアップします。

 

 シリコンとノンシリコンのメリット・デメリット

シリコン ノンシリコン
メリット

髪のツヤの維持、指通りをよくする
ドライヤー等の熱から髪を守る

メリット

頭皮の毛穴ががつまらない
栄養成分が浸透する

デメリット

樹脂コーティングするため栄養素が浸透しない
頭皮につくと毛穴がつまりやすい
パーマやカラーがかかりにくい

デメリット

コーティングしない
きしみやすい

一般的に、シリコンとノンシリコンについてはこのように言われています。

 

しかし、資生堂によると「【知って、なるほど化粧品】シリコンについて」結論として「毛髪や地肌に悪影響を及ぼすことはありません」とあります。

 

ですので、シリコンによって毛穴が詰まることはなく。毛髪が濡れている状態では、シリコンが毛髪表面をすき間なくおおうことはないため、栄養成分等の浸透し、もちろんパーマやヘアカラーに影響することはないとあります。

 

そもそもシリコンを入れる必要があるの?と思うと思います。その理由は、洗髪中に起きる摩擦を軽減するためにシリコンが使われています。

 シリコンの成分表記名 一覧

アクリル酸アルキル
アミノプロピルジメチコン
アモジメチコン
シクロメチコン
シクロペンタシロキサン
シロキ
シロキサン
シラン
シリカ
シリル
シリル化ケラチン
ジメチコン
ジメチコノール
ジメチコンポリオール
ビスアミノプロピルジメチコン
ビニルジメチコン
メチコン
ラウリルメチコンコポリオール

 合成樹脂だからよくないというイメージに、、、

合成樹脂が入っているシャンプーと言われるとよくなさそうなイメージになりませんか?特に体に害はない物でも字的にイメージで良くないイメージを持ってしまいます。それがシリコンなんだと思います。

 

もしくは、昔のシリコン剤はよくなかったということなのかもしれません。しかし、いろんなヘアケア用品の成分を見てみますとシリコン剤は入っています。

 

ということで、悪いイメージがあるシリコンですが、何か悪影響を及ぼすものではなく字体的イメージが大きいのではということと本当に脱シリコンをするにはほとんどのヘアケア製品にシリコン剤が入っているためかなり難しいのではないかと思います。

 

 

 

 



amazon タイムセール



人気の商品が、数量・時間限定のお買得価格で登場!

-美容,

Copyright© basiblog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.