生活 美容

日焼け止めをどう選ぶのがいいのか? SPFとPA/吸収剤と散乱剤

日焼け止めを選ぶ時

とりあえずは数値の高いもの・付け心地・価格

この3つを主な主軸して選んでいると思います。

ですが、

一緒にプールや海に行っても、赤くなってから黒くなる人、

赤くなるだけですぐ元に戻る人、すぐに黒くなる人というふうに、

人によって日焼けの仕方が違いますよね。それはなぜか考えたことはありますか?

日焼けしていない時の肌の色

日焼け後の肌

紫外線ダメージ

色白

赤くなって黒くならない

普通

赤くなって黒くならない/黒くなる

色黒

赤くならないで黒くなる

色白の人はダメージリスクが高く、色黒の人はダメージリスクが低いのは想像できると思います。

 

UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の違い

波長が長いUVAを浴びると、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こす

波長が短いUVBを浴びると、赤く炎症を起こし、メラニンをつくらせ、シミや色素沈着の原因になる

UVA

  • 地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占める
  • 波長が長く、雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれる。
  • 波長が長いために、真皮層にまで到達し、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つける。そのため、UVAを浴びてしまうと、肌は弾力を失い、シワやたるみといった見た目の印象を大きく左右する肌悩みを引き起こす
  • UVA冬でも夏の半分程度の量が出ている

 

UVB

  • 屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれる。
  • 波長が短いために真皮には到達しないが、表皮にさまざまなダメージをもたらす。
  • ヤケドをしたように肌を赤く炎症させるサンバーンや、メラニン色素が沈着して肌を黒くするサンタン、シミ・そばかす・皮膚がんのの原因になる。
  • 冬は夏の5分の1程度

 

紫外線は、晴れの日を100%とすると曇の日は65%、雨の日は20%となっている。

日頃の対策としては、

UVカット加工が施されたカーテンや窓に貼るUV カットフィルムを活用するのが良い対策

 

「SPF」と「PA」の違い

「SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標

 

UVA対策には「PA(プロテクション・グレイド・オブ・UVA)」

「PA」とは一時的な黒化を引き起こし、

長時間かけて肌の弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安。

4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、

UVAに対する防御効果が高いことを表している。

 

UVB対策には「SPF(サン・プロテクション・ファクター)」

「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、

黒化につながりやすくなるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数。

1〜50+までの数値は、

何も塗らない場合に比べてUVB波による炎症(日焼けにより赤くなる)を

どれぐらい長い時間防止できるかを表しており、

数値が大きい方がUVB波に対する防御効果が高いことを表している。

SPF30なら塗らなかった時に比べて30倍UBAを浴びてから日焼けが始めるということ

※日焼け止めの持続時間ではない。

 SPF50+は50以上の効果があるということ。

 

シーンによる使い分け

長時間日差しを浴びる時

SPF50+・PA++++の国内最高値のUVカット効果を持った日焼け止めがおすすめ。

汗や水に強いものを選び、こまめに塗り直すこともポイントです。

短時間日差しを浴びる時

SPF30・PA+++程度でも十分紫外線から肌を守ることができます。

日常生活

SPF20・PA++程度でも十分紫外線から肌を守ることができます。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤(ノンケミカル)

紫外線吸収材

紫外線吸収剤は、肌の表面上で化学反応を起こして紫外線を吸収し、

熱や赤外線などのエネルギーに変えて放出することで、紫外線を防ぐ。

その放出される時の熱や、化学反応そのもの、化学反応で変化した物質などで、

肌荒れや肌トラブルを起こす人もいる。

主な紫外線吸収剤

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • オクトクリレン
  • オキシベンゾン-3

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

紫外線散乱剤は、肌の表面を粒子で覆い紫外線を反射・散乱させることで、紫外線を防ぐ。

化学変化を起こさないので、肌への負担が少ないと言われている。

主な紫外線散乱剤

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化セリウム

紫外線吸収剤

紫外線散乱剤

  • 強力な紫外線防止効果
  • 汗・水に強い
  • 比較的落としやすい
  • 化学反応を起こさないため肌荒れしにくい
  • 環境にやさしい
  • 化学反応で肌荒れする可能性がある
  • 環境に悪影響の可能性がある
  • 毎日使うには強すぎる
  • 汗・水に弱い
  • 肌乾燥を感じたりすることがある
  • 白浮きしやすい

 

目からの紫外線も日焼けの原因になる!

目に紫外線が入ることにより、脳が防衛防衛反応を起こし、

体内にメラニン色素を作るよう命令をするからです。

メラニン色素を作るだけでなく、角膜にダメージを与え、充血など

原因にもなる。そのため、サングラスで目を守ることも大切

 

製品タイプによる使い分け

クリームタイプ

保湿力が高く防水性も高い、ウォータープルーフタイプが豊富なので、

海・レジャー用に使い勝手が良い。

しっかり塗れて落ちにくいが、落ちにくいということは落としにくいということ

また油分が多いため、肌荒れ・ニキビの原因になる

乳液タイプ

伸びがよく肌になじみやすい

肌にやさしいので、敏感肌・乾燥肌の方におすすめ

ローションタイプ

一番肌にやさしい

ジェルタイプ

塗布後の肌がさらっとしている

日焼け止めのべたつきが気になる方におすすめ

透明で伸びもよく、全身使いに向いている

スプレータイプ

簡単に塗布できるので、全身用に使える

髪や頭皮、背中などに使うのがおすすめ

ただし、持続力が弱く汗や水に弱い

パウダータイプ

肌にやさしく、敏感肌やベタベタした日焼け止めが苦手な方におすすめ

落ちやすいためこまめな塗り直しが必要

シートタイプ

外でも塗り直すことができる

スティックタイプ

液漏れの心配もなく、持ち運びにも便利

 

まとめ

   

・SPFは赤くなる日焼けを防ぐ効果を表す指標

・PAは黒くなる日焼けと、老化防止への効果を表す指標

・紫外線は年間を通して降り注いでいる

 特にUVAは、冬場であっても夏の半分程度にしか下がらないため、

 冬場は、SPFよりPAを気にして日焼け止めを選んだ方がいい。

・日焼け止めで肌荒れが起きる人は、紫外線吸収剤の日焼け止めか、

 紫外線散乱剤の日焼け止めかを確認してみた方がいい。

・状況に応じた製品タイプを選べば状況に応じた対策ができる。

・汗や水、皮脂、タオルやハンカチによる摩擦でその効果は落ちていくもの

 こまめに塗り直し、紫外線防御効果をしっかり持続させることが大切







-生活, 美容

Copyright© basiblog , 2020 All Rights Reserved.