脱毛

脱毛機器について

脱毛器の効果を波長で比べる

脱毛器のレーザーの仕組みと波長を調べてみました。

755nm(メラニンに吸収されやすいため、深くまで到達しない)
→ 浅い箇所に生える、薄くて細い毛に効果的

810nm(メラニン吸収も深達も中間)
→ 日本人向けによく脱毛で使用される波長

1064nm(メラニン吸収率が低く、深くまで到達)
→ 色黒の肌や日焼け肌、深くて太い毛に効果的

こちらは、医療レーザーでの波長と効果です。

簡単に波長での判断は難しいと思いますが、そもそも波長が足りないと

脱毛したい毛に届かないな。と思い、波長も比較してみることにしました。

しかし脱毛サロンの場合高波長で施術してくれる可能性は低いと思うため、実際どの程度の波長での施術かは不明ですのであくまで参考としてお考え下さい。

 

光脱毛(脱毛サロン)の種類

メラニン色素に反応させるもの

IPL 脱毛(インテンス・パルス・ライト)

医療機関で使っているレーザー脱毛とほぼ同じメカニズムですがレーザーより出力が弱いもの。

皮膚の下のメラニン色素に反応して、ムダ毛の毛根にダメージを与えて脱毛します。

光の波長が幅広いため、部位によって異なる、細い毛から太い毛などさまざまなムダ毛に対応することができる。

また、1回の照射範囲が広く、広範囲のムダ毛を短時間で施術することが可能。

  • エアークールフラッシュ  波長480nm~1000nm
  • エピアス EX-R        波長550nm~1080nm
  • シルキーライト2      波長600nm~1200nm
  • CUBE DUO        波長620nm~960nm
  • フェニックス      波長640nm~1200mm(IPL+RF)
  • バイマッハ       波長650nm~950nm(IPL+SHR)

 

ジェルに反応させるもの

SSC 脱毛(スムース・スキン・コントロールメソッド)

クリプトンライトという光と、その機器の製造会社指定のジェルを使用しなければならない

照射する前に指定ジェルを塗るのが特徴で、このジェルを光に反応させて抑毛効果を狙 った脱毛方法。

毛根にダメージを与えるのではなく、次に生えてくるムダ毛の成長を抑制して減毛する方法。

SSC はイタリアで開発された理論に基づいた脱毛方法で、極力痛みを取り除くように設計されている。

 

組織によるもの

RF脱毛(高周波)

メラニンの量に関係なく皮膚の3~4mmの深さに進達し、毛の周囲の組織(毛包)にも熱を伝えます。

色素の薄い毛、軟毛、うぶ毛に対する効果もみられています。

NPL脱毛(ニューパルスライト)

バルジ領域という、毛を生やすよう指令を出すような部分に、刺激を与えることにより、毛が再生する力を奪います。

メラニンに反応する脱毛方法とは異なるので、日焼け肌や、色黒の肌にも脱毛可能で金髪、白髪、産毛にも効果がある。

毛周期の影響をうけない

バジル領域に刺激を与える

  • リオキシー 波長(HR/除毛)610nm~950nm(SR/フェイシャル・バスト)560nm~950nm

SHR脱毛(スーパーヘアリムーバル)

蓄熱式脱毛とも呼ばれている。

NPL脱毛と同様、バルジ領域/毛包に熱エネルギーを与え、発毛を抑制する。

NPL脱毛と仕組みは同じであるが新世代。より痛みが少なく、完了までのスピードも早い。

毛周期の影響をうけない

  • ルミックスツイン 波長420nm~1200nm (IPL+RF)
  • バイマッハ    波長650nm~950nm (IPL+SHR) 

THR脱毛(サーモヒートリムーバー)

SHRと同じ蓄熱式ですが、SHR脱毛は1回の光の出力を分割した高速連射のため、

連射の光の威力がだんだん落ちていき、連射初めと後ではパワーが弱くなっていく傾向にあるそうですが、

THRは光を分割連射せず、毎回高出力の光を連射することができより確実な脱毛効果が出せるようになった。

  • クリアエスピーef 波長480nm~1200nm

最近の新しい研究で皮膚の浅いところにある“バルジ領域”が残っていると毛が再生されるとわかったため、バジル領域にダメージを与えることが光脱毛において進んできている。

 

レーザー脱毛(医療脱毛)の種類

  • ダイオードレーザー     810nm
  • YAGレーザー        1064nm
  • アレキサンドライトレーザー 755nm
  • IPLレーザー         500~1200nm

レーザー脱毛器の波長については、光脱毛器と違い固定の波長での照射だと思われます。

根が深い毛のメラニンまで届くものはYAGレーザーということになります。そのため、男性専用医療脱毛では、YAGレーザーを主に扱っているところが多いです。

 

ダイオードレーザー

毛が深くになければYGレーザーではなくこちらで十分

  • ソプラノ(蓄熱式)
  • メディオスターNeXT PRO(蓄熱式)
  • ライトシェアデュエット(ショット式)

 

  • (産毛(蓄熱式/ショット式)〇)(日焼け・色黒(蓄熱式)〇)(痛み(小)(蓄熱式))

YAGレーザー

波長の長さがナンバーワン 深い毛に効果的

  • ロングパルスYAGレーザー
  • G-MAX
  • ジェントルYAG
  • エリート
  • エリートプラス
  • ジェントルマックスプロ

G-MAXとエリートプラス、ジェントルマックスプロは上で説明した

アレキサンドライトレーザーとの複合機となっているため、

色黒・日焼けなどの肌質や毛の状態に合わせて使い分けれる機械になっている。

  • (濃い毛〇)(産毛〇)(日焼け・色黒〇)(痛み(大))(美肌効果あり)

アレキサンドライトレーザー

厚生労働省から永久脱毛の効果を認定

  • ジェントルレーズ
  • ジェントルマックスプロ
  • エリート
  • エリートプラス
  • アポジーエリート
  • G-MAX

ジェントルレーズは

レジーナクリニック
湘南美容外科クリニックで使われている。

  • (痛み(中))(美肌効果あり)(産毛や日焼け肌・色黒には向かない×)

IPLレーザー(ウルトラ美肌脱毛)

調べてみると要は光脱毛でのIPL+SHRと同じ見たいです。

しいているなら医療用マシンかサロン用マシンかだと思います。

そのため痛みは断トツで少ない様です。







-脱毛

Copyright© basiblog , 2021 All Rights Reserved.