脱毛

脱毛するのに知っておきたい基礎知識

そもそもで私は知らなかったですが、

医療脱毛は医療行為による脱毛。脱毛サロンは要は誰でも施術できる脱毛ということです。

最初は全く気にしていませんでしたが、医療脱毛は医療行為のためある程度の出力で脱毛を行えることや、何かあった時のトラブルについても医療従事者のためきちんとフォローしてくれます。

その点脱毛サロンについては、誰でも施術できることから出力もトラブルが起こらない出力となるため回数が必要になることや、医療行為でないため何か肌トラブルがあった際直接サロンでの対応ができないといったことがあると思います。

医療脱毛=レーザー脱毛。脱毛サロン=光脱毛というのが大きい差でもあります。

 

毛周期とは

毛が生えてから抜けるまでのサイクルのこと。

毛周期は、成長期、退行期、休止期で構成されていてそれぞれ、以下の状態となっています。

「成長期」

成長期は、毛が伸びる時期。成長期の毛は根が深く、毛を色づけるメラニン色素が濃いため、医療レーザー脱毛の効果が現れやすい。

「退行期」

退行期は、毛の根が浅くなりメラニン色素も薄くなるため、医療レーザー脱毛の効果が現れにくい。

「休止期」

休止期は、毛の成長が止まって毛の根が離れるため、熱を与えても発毛組織にダメージを与えられない。

このように、毛周期で成長期でしかレーザー・光脱毛の効果が得られないということがわかると思います。

そのため、毛抜き等で抜いてしまうと毛周期が崩れるため脱毛をする際は毛抜き等で毛を抜くことは禁止です。

 

脱毛の種類(除毛を除く)

光脱毛

毛乳頭の発育を抑え、毛母細胞を刺激して脱毛を促す方法です。

複数の波長を同時に 広範囲にわたって照射します。

レーザー脱毛

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーといった医療用レーザーを使用した脱毛方法です。

単一の光を集中して照射する脱毛方法です。

メラニンに反応するレーザーを使うという点では光脱毛と同じですが、

熱によって毛母細胞、毛乳頭を破壊する脱毛です。

ニードル脱毛

毛穴の一つひとつに特殊な細い針を刺して針に微弱の電気を流し、毛乳頭を破壊する脱毛方法です。

痛みは光、レーザーより痛いです。経験上一番痛かったです。

1本1本確実に処理していくため、「永久脱毛」と呼べるのはこのニードル脱毛のみです。

毛穴一つひとつ処理していくため、非常に手間とお金がかかり、時間もかかります。

 

医療脱毛で5コースが多い理由

成長期の毛が全体の20%であるため、5回の成長期を処理すればおおよそ脱毛出来るという考えから来てます。

脱毛サロンでは10回コースが多い理由については、サロンでの機械は医療脱毛の機械より出力が弱いため当てる回数などが倍以上かかる事から10回コースが多い傾向となってます。

 

医療脱毛での脱毛完了までの回数

最低3回以上で、最高7~10回程度で完了すると言われている。

脱毛サロンの場合だと約2倍の回数になり脱毛完了にかかる期間も長くなります。

 

性毛と無性毛で効果が違う

性毛とは、思春期になると生えてくるわき毛やVIOの毛や胸毛や髭。

無性毛とは、髪の毛や眉毛、手足の毛など生まれつき生えている毛です。

性毛の方が脱毛完了までに時間がかかる傾向にあります。

 

 








amazon タイムセール

人気の商品が、数量・時間限定のお買得価格で登場!

-脱毛

Copyright© basiblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.